--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-30

劇場版【舞一夜】レビュ★

劇場版【舞一夜】レビュ★

忙しくて遅くなりましたが、やっとレビュかきます★
観てきました~!劇場版【舞一夜】!

ワタシが行ったのは渋谷のシネカノン。
開演1時間前から、熱い神子様方が焦がれるように
階段に列をなしておりました。
売店では、御菓子やポストカードなどの【舞一夜】グッズが!
ヨワイのよ!こういうお土産モノってっっ★
パンフレットも《通常版》と、ハードカバーでページも倍の《豪華版》とが販売。
ワタシはトモダチに頼まれてた分と《豪華版》3冊も買ってしまいました(^^ゞ

評判ではCGの使い方が、臨場感を持たせつつ、
ちゃんと「遙か」で「乙女」を失っていないと耳にしてましたが
TVアニメのオープニングのように、
まるで龍の如く空を翔び、京に舞い降り行く浮遊感で
本当に、導入部からグイグイと
スクリーンの世界に引き込まれる心地でした。
この映画では、随所…いや、全体的にかな、
情緒によって【五感】を刺激されたというか。
京の緑と空の眩しさには、目を細めたり、
雨景色と雨音には、腕に鳥肌が立つような寒さを感じる、
寒くて心細い記憶を呼び覚まされるような、
木々や人々の濃い影には、焼け付くような暑い気持ちになったり。
日本人だからこそ知りうる自然の感触、
光と影の効果と、
風に遊ばれる木々や葉、弄ばれる衣の袖、
揺らめく蝋燭の焔、水面の波紋など…
「ゆらぎ」の繊細な効果が
和の雅な「よきもの」を、味わい深く感じさせてくれました。

「ゆらぎ」というと…もうひとつ。
心の揺らぎも。

今回の映画のお話は、ゲームやアニメでいう中盤、
神子は八葉のみんなから神子として認められるようになってきて
怨霊の「封印する」を覚える一歩手前の頃。
八葉のみなさんには、大切にされているものの、
「神子」としての自信もイマイチ、
でも今は、一人の女の子「元宮あかね」として
見てもらえてはいないんじゃないか…という孤独感の中に。
そんな神子の「ゆらぎ」の心情と、
そこで袖触れ合ってしまった多季史との恋を通して
ゆらぎながらも、それを乗り越えていく姿を描いた
短編の番外編という感じで出来上がっています。
そして、神子の心に生じた「ゆらぎ」を
見ていることしかできない、八葉の
心のゆらぎとざわめきも。

この映画を観て、ワタシのキモチの中の変ったこと。
観てよかったな~と思ったこと。
それは、スゥ~っと神子の心の中に入り、
神子の目線で見たり、考えたり、悩んだり
できたことかな。
頭では分かってるつもりではいたものの、
思いのほか、神子の仕事は大変なことなのだと。
心身ともに。とくに精神的に。
怨霊と戦ったり、封印したり…。
とかくジブンがゲームをプレイしている時には
お煎餅片手に、蠅を叩くような作業のような時も
あります…正直いって…(^^ゞ
(メンドイな~、早くかたづけて恋愛イベントしてぇな~)
なんて思いつつ…。
いやはや…そんなジブンを、ちと
《邪神子》と恥じました。(汗)
怨霊ひとり封印するのにも、心がゆらぎ、傷つき痛みながら
「やっつける」じゃなくって「浄化」していってるのよね。
そんな神子だからこそ、八葉達は目が離せず、心を寄せるのね。

そんな…基本設定のはずだったところを
日頃忘れガチだった自分を知りました。(汗~。)
そして、初めて神子…もといあかねちゃんという少女を
知ったようにも思いました。

多クンとの恋の部分や、
それぞれの八葉の魅力に関しては、
おのおのの心の宝物に…★
必ず一個ずつは宝物がめっかるように
キャラクターを描いてくれていたと思います。
ワタシはDVDが発売になったら、きっと買うと…。
そして、天真クンのうなじにモエモエして
ニヤニヤしよう…♪
(もう、腐れ邪神子に戻ってるし…ワタシってば)

LaLaではマンガの連載も始まったみたいですね。
そして、ゲームの発売も待たれます!

★追伸★
「泣けた…」という噂だったので
まさか~と思いつつ、ハンケチ握って
映画に臨んだワタシですが…
やっぱりヤラれました…ダラダラ泣きました。
しょっぱかった…。

スポンサーサイト

theme : 遙かなる時空の中で
genre : ゲーム

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場版 『舞一夜』☆感想♪

感想が遅くなりましたが、1日に観に行って参りました『劇場版・舞一夜』!!▽ 池袋シネリーブルの入り口に飾ってあった、サイン入りポスターvv外はあいにくの雨模様でしたが、映画のムードにはピッタリな天候。【

comment

管理者にだけメッセージを送る

天真クンのうなじチェックしてみます

kubyさんのきめの細かい感想でまた映画の世界に浸りました。
混んでいたんですね、ホッ。LA銀が行ったのは金曜の夜なのにガラ空で、あまりメジャーではないのか心配しちゃいましたよ。

映画で一番残ったのは季史の
「誰も渡しの名前を呼んではくれなかった。」
この一言に積年の思いが込められていて、遥かの中で余所者だった季史を受け入れられました。ここで泣いた人は多かったんじゃないかな。ガマンしました~。

八葉それぞれ丁寧に描かれているのがこの映画の良さですね。ウン!
デーブィデーもスペシャルBOXが出るか(出ろ、出ろ、出ろと呪文)期待して待ちわび~ます。

走り頼久にモエて観ていたLA銀は魔子。

再発見の京このごろ…。

こんばむわ~、LA銀さん★
ぜひぜひ!
天真クンのうなじ…味わってやってください(〃∇〃)
そして…最近ハッと気づけば、
ワタシ、二の腕が見えるキャラがスキみたいで…。
そんなフェチとは、自覚していなかったんですが。
天真くん…そしてイノリくんが腕を上げた瞬間、
心がグググイイイッっとな。
「遥か2」では勝真にヨロリ…
そして「遥か3」では、ちょっと惜しいけど
景時さんに…この腕は大人の男の二の腕ネ。
そうか…ワタシは二の腕に酔うのか…(ー_ー)!!

季史も…いかったねえ~。
あの舞う姿は、痛々しくもカッコよかった!
「名前を呼んでくれない」というあたりで
神子と季史の心がリンクするというエピソード作りは
実に上手かったと思います。
座布団十枚!!山田クン!

そうそう…LA銀さんは頼久×友雅。
ワタシは昨今…天真×友雅なんてのも
楽しいかもな…と、気の迷い。
カッと着火しやすい天真くんに
いぢわる友雅さん…。
かなりマイナーカップリングよね(笑)
ええ、たぶん気の迷いですけど(~_~;)

いまごろ「遥か1」なんか出すから
爛れちゃうんだいっ。



what time?

プロフィール

kuby

Author:kuby
■HP■
『無実の恋』
■趣味■
ネオロマンスなコト
ドール作り・遊び
■家族構成■
旦那のマツケンと二人暮らし
■好きな言葉■
「まっ、いっか」

ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
大陸の民(王立研究院調)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

写真風サムネイルのリンク
【無実の恋】kubyのHP【無実の恋】kubyのHP

++シムとき!++++シムとき!++

【ANGEMICO】ネオロマキャラドール【ANGEMICO】ネオロマキャラドール

【BL dolls天国】BLキャラドール【BL dolls天国】BLキャラドール

遙かなる時空の中で3 八葉フィギュアシリーズblog遙かなる時空の中で3 八葉フィギュアシリーズblog

【頼久役】成松慶彦オフィシャルブログ 「ナリちゃんねる」【頼久役】成松慶彦オフィシャルブログ 「ナリちゃんねる」

【天真役】中村誠治郎ブログ【天真役】中村誠治郎ブログ

【イノリ役】鯛のオカシラ【イノリ役】鯛のオカシラ

【詩紋役】河野弘樹のこしたんたん【詩紋役】河野弘樹のこしたんたん

【鷹通役】根本正勝officialblog SORA【鷹通役】根本正勝officialblog SORA

【友雅役】JURI`S BLOG OFFICIAL【友雅役】JURI`S BLOG OFFICIAL

【泰明役】八戸亮、体の60%じゃピ○クルでできています。【泰明役】八戸亮、体の60%じゃピ○クルでできています。

【季史役】STILL ON THE ROAD 木村啓介オフィシャルブログ【季史役】STILL ON THE ROAD 木村啓介オフィシャルブログ

【アクラム役】Shape of IRE汐崎アイルOfficial Blog【アクラム役】Shape of IRE汐崎アイルOfficial Blog

【あかね役】hane9uri 気まぐれ日記【あかね役】hane9uri 気まぐれ日記

【藤姫役】森林永理奈のモリモリ日記(°∀°)ノ【藤姫役】森林永理奈のモリモリ日記(°∀°)ノ

演劇集団 Z団日記演劇集団 Z団日記

X-day
アイルちゃん★
検索

あしあとさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。